FC2ブログ

プロフィール

楓ママ

Author:楓ママ
 
楓ママ日和へようこそ。
着物好きの両親の影響受けて和裁の道へと進んでウン十年
尊敬する大塚末子先生に一歩でも近づこうと日々精進してまいりました。
形式にとらわれない現代の着物作りを心掛けています。

写真は我が家の愛猫『楓(ふう)』です。
私の第3の息子です。

・趣味
お煎茶、薙刀、読み聞かせ、海外ドラマ、お菓子作り、旅行


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悉皆研修

京都の 有限会社 リファインさんへお邪魔しました。



以前から気になっていました、2つの加工方法

資料やビデオでは、今の私の頭では、
理解不能!! ?!(・◇・;) ?
社長にギブアップ宣言したところ

そしたら…リファインさんから、
お忙しい季節に 時間をさいて私達のために
説明会の時間を作って頂けることになりました。

※本洗い・・絹地は、水洗いすると生地に潤いと張りがもどり、
生地が強くなり 破れにくくなります。
水洗い出来るのは、洗い張りの加工しか知りませんでした。



水槽に振袖が泳いでいます…(○_○)!!
目から鱗の驚きです。


丸洗い・京洗いと呼ばれている
ドライクリーニングでは、油性の汚れしか落ちません、
水性の汗は、汗取り加工が必要ですが、
汗の黄ばみ 輪ジミの染みの心配も解決です。

丸洗いと汗取りと染み抜きの加工が 全て揃います。

次は、

※丸染め…私達の間では、ドボン染めと 呼んでいました。

染め変えには、
洗い張後 染め変えて、胴裏・ハッ掛けを新調して
仕立てるので加工料金か、高く感じます。



ところが、丸染めは、
着物を解いて染めるのではなくて、
丸ごと染料に漬け込むのです。

ドボ~ンとね (゜ロ゜;



丸ごとですよ!…?
ですから、胴裏もハッ掛も同色に染まります。



希望の染め色に染まるまで、根気よく調整します。





乾燥後の染め色を頭に浮かべながら、
地色が浮かんで来ることも、考えながらの経験と感覚の作業は、
本当に職人技です。



縫い紋は、糊伏せの加工で綺麗に染め残っています。
何とも 不思議な丸染めです。

私達の一番の心配な点は、本洗い・丸染め加工後
着物は、元に戻るのか?
縮んだり、袷仕立ての物は袋に成らないのか…

やはり縮みは 有るそうです、
しかし、タンスの中でも縮みは起こります。
1度も袖を通してない…派手になった着物・長襦袢・帯
洗い張りの染め変えでは、料金が高い…
だけど 何とかしたい!!
そんなお客様におすすめの技術です。

百間は一見にしかず
お客様に 私の体験を そのままお話する事ができます。

私も 加工発注しますので、経過報告いたします。

リファインの皆さん 本当にありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oharibako2010.blog135.fc2.com/tb.php/497-7795987f

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。