プロフィール

楓ママ

Author:楓ママ
 
楓ママ日和へようこそ。
着物好きの両親の影響受けて和裁の道へと進んでウン十年
尊敬する大塚末子先生に一歩でも近づこうと日々精進してまいりました。
形式にとらわれない現代の着物作りを心掛けています。

写真は我が家の愛猫『楓(ふう)』です。
私の第3の息子です。

・趣味
お煎茶、薙刀、読み聞かせ、海外ドラマ、お菓子作り、旅行


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチドリのひとしずく

東北関東大震災において被災されました皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。
皆で力を合わせ、この時期を乗り越えましょう。被害地の一日も早い復興を、
心よりお祈りいたします。

3月11日 東北地方太平洋沖地震が起きる
次の日の 九州旅行への準備の最中だった・・・
つぎつぎと映し出される映像に向かって
『はやく!逃げて!!はやく』立ち上がって 届かない声を一人叫んでいた。

楓ママの住んでいる 大洲市には、街中を 肱川がおだやかに流れているが、
この川は大雨が降ると暴れ出す。この地区に家を建てて13年目になるが
水害で家が浸水していく 近所の様子を見守ることしか出来なかった事を
 3回も経験している。
『まるで 海に浮かんでる船みたい』我が家に非難していた 子供さんのつぶやきです。
我が家もあと階段1段で 庭に水が入る・・
避難所へ逃げたくても まわりは湖状態で逃げる道が無い 
『もしもの時は、裏山へ逃げるけど皆手をつないで じっとしとくんだよ』
子供達に言い聞かせる 大人達も 物より 命が大事だと思った瞬間でした。

大洲の水害は、静かに増水して 静かに水が引いてくので 家が流される事は無いが、
被害後の風景は、これは夢ではないだろうかと思うほど 心が痛む 涙が出る・・・
 それから 思った 私に何が出来るだろう?何をすればいいのだろう?

今回地震は、大勢の被災者を今も増やし続けていますが
私も 日本も 世界の皆も 被災者方の事を思い 願っています。
買い込まない・使わない電気を消す・デマに振り回されない
そして、義援金で協力するしか無いと思っていました。
「いま 私にできること」他には無いか ずっともやもやしていました。
ふと クリキンディの物語を思い出しました。
私にも 行動出来る事があるはずだと探していたら 見つけました。
家に有る材料で 手作り小物を作って 4月のバザーに参加します!
はっきり言って 復興には、沢山の時間とお金と人の力が必要でしょう
出来ることが違っていても ひとりひとりの気持ちがつながり広がって行く様な 
企画も練っているところです。
小さい しずく一滴ですが、被災現地で頑張っておられる皆さんへどうか
届きますようにと願いながら・・



『被災した子供たちへ 絵本を届けたい』楓ママの独り言より
スポンサーサイト

タンポポ調査

昨年 「タンポポ調査・西日本」と言う 楽しそうな企画を発見していました。
我が家のまわりのは、どんな種類のタンポポが見つかるでしょう・・・
春の陽気に誘われて、楓さんと タンポポ調査に出かけることに

P3300205_convert_20110330111225.jpg    P3300208_convert_20110330111335.jpg

楓ママ 「ちょっと! 楓さん 出かけるよ」 
楓さん  『え~っ 気持ち良く寝てたのに ところで、タンポポって何ですか?』
楓ママ  「黄色 とか 白色の花の咲く野草ですよ」
楓さん  『ふ~ぅん??』

P3300221_convert_20110330114520.jpg   P3300218_convert_20110330111741.jpg

楓さん  『これかな?』
楓ママ  「それは、水仙ですよ」
楓さん  『しまったネギかじってしまった・・まずい

P3300209_convert_20110330111524.jpg  P3300251_convert_20110330112720.jpg

楓さん『これは、違うぞ・・黄色カエルだぞ・・』『これも、白い花だけど 伸びたふきのとう』


P3300261_convert_20110330112856.jpg  P3300257_convert_20110330112305.jpg


楓さん『わかったぞ!楓ママ こっちだよ』『これでしょう? 絶対これだよね
楓ママ  「残念でした 菜の花ですよ」

P3300258_convert_20110330112428.jpg

疲れた楓さん しばらく休憩 暖かくてつい うつらうつら
楓さん 『タンポポ・・タンポポ・・どこだ

P3290193_convert_20110329140334.jpg  P3290192_convert_20110329140200.jpg


P3300225_convert_20110330113141.jpg

楓さん  『やった!楓ママ 黄色のタンポポ見つけたよ すごいでしょう ね~ってば!!』


P3300238_convert_20110330113537.jpg


楓さん  『あれれ?夢でしたか???』
 

いえいえ 楓さん 御苦労さま 楽しい タンポポ調査でしたね。
ところで 調査報告はどうするの?






春ですよ

隣町の内子町 道の駅『からり』へドライブ気分で 買い物へ行く途中
56号線沿いの内子町役所横の小川の 枝垂れ桜が満開なのを発見!!
毎年 気になりながら通っていますが、止まって花見は、久しぶりの事でした。

P3280177_convert_20110328171235.jpg    P3280171_convert_20110328171341.jpg

今朝は、霜が降りて寒い朝でしたが、久しぶりのお休みでお天気も最高です。
シーツにカーテンの洗濯と お風呂場の大掃除 窓ふき・・・がんばりました!
そうだ 友達へ「雛あられ」豆いりを送るのを 思い出しました。
楓ママの地域では、旧暦で桃の節句のお祝いをします。
4月3日の桃の節句には、豆いりをおひな様にお供えします。
最近では、買ってお供えする家庭が多くなりました、楓ママも生活改善グループのメンバーと挑戦するのですが、
かた~い豆いりが 出来上がります人には、差し上げられません!!
生姜・醤油・ごま・青のりなどいろんな味付けがありますが、
中でも友達からのリクエストが多いのが、こきびで作った豆いりです。
普通は、ご飯を干して炒った物なのですが、食べやすいと好評で数年前から 
内子で買った こきびの豆いりも送ってます。
地元の『旬を愛する会』の方が 春は、3種類の豆いり&甘酒&手作りクッキー&繭玉で作った桃の花を「豆いりセット」として地方発送しています。楓ママは、よもぎ・ごま味のクッキーの素朴な味が大好きなのですが、なかなか口に入らないレア物です。

P3290189_convert_20110329135917.jpg   P3280182_convert_20110328171438.jpg


我が家のおひな様&近所の桜ですもうすぐ 満開です
先日 甥っ子が 『おひな様飾ったよ』 と 息子との共同作業だそうですが・・・
いかがでしょう?

P3290201_convert_20110329140542.jpg    P3290200_convert_20110329140053.jpg

読み聞かせのお礼にいただいた うさぎ雛を飾っておいていたのですが、仲間が増えていました。 
 三人官女(ウルトラ兄弟) 五人囃子(怪獣達) の三段飾りの様です。
ここまでするなら ゴジラ大好きの楓ママも大喜び 
こっそり ゴジラ&メカゴジラも参加させときました

しかし だけど やっぱり ゴジラは、無いほうがいいね・・・?








本番 2

24日 愛媛大学卒業式でした 
163名の着付けを無事終わり ほっとしてます。

前回の倍の人数なので、お手伝いが7名に 
82名が 楓ママのチームの担当でした。
AM6:00からスタート
山積みの衣装ケース 貸衣装を各個人に寸法を合わせて 小物一つから間違い無く 
誰が見ても一目で確認出来る様に準備されていて 本当に大変な作業だったと思います。
着付師が 困った事が無かった・・・さすがです 素晴らしい!!


P3240163_convert_20110328170719.jpg P3240164_convert_20110328171006.jpg
 

着物を縫っても 「2枚目は、仕上がりが悪くなるからね」と師匠から いつも気合いを入れるように注意されてきたが、
着付けでも 同じ事のよう・・何となく気に入らない・・
パンパンとお尻を叩いて(もちろん自分の) 気を引き締める!
何とか 9時までに 目標11名の着付け終了で 思わずガッツポーズ
 
P3240165_convert_20110328171133.jpg

ラストの学生さんの 着物が個性的だったので「是非 写真を撮らせて」と仕上がりを待っていたのですが、
メイクさんからSOS ベースをたのまれましたが、
皆さん ファンデーションぬらなくてもいいような きれいなお肌でした。
『楓ママ 来年は、メイクの勉強もしといてね・・・』
もう来年の 打ち合わせですか

初めての経験 たくさんの人から教えられた事が、沢山ありました。
   皆さん ありがとう ございました
 卒業生のみなさん これからの御活躍たのしみにしております。
     がんばれ 日本!! かんばろう 日本!!!

花嫁さん

お店は、展示会の真っ最中
しかし・・楓ママは、午前中お休みをいただき 着付けの修行にいってきました。
 妹は、個人でブライダル美容師をしています。
楓ママにも何度か 着付けの手伝いの話をしてくれていましたが、
着る事は、何とか出来ますが・・・自信が無くて断っていました。
だけど お店のお客さまから 着付けの相談を受けるようになりました
そのたびに妹にお願いしていましたが、手際良く仕上げていく姿を見ているうちに
楓ママも着付けに興味を持つようになりました。

松山市 椿神社での結婚式のお手伝い

P3200154_convert_20110321010434.jpg  P3200155_convert_20110321010333.jpg  P3200157_convert_20110321010210.jpg

10時から花嫁・花婿とその御家族9名の着付け 
貸衣装ならお店の方が 小物チェック済みなので後は
襟の仮止め作業と着付けしやすいように帯折りと 小物並べをする。
しかし、今回は 持ち込みの着物 足りない小物のチェック。
無い物は、他の物で代用する。着付け道具が 着物教室の物の時が一番大変です
なぜなら、使い方がわからないからです。
そこはさすがに職人さん!!!上手に訪ねながら、仕事する
頭が柔らかい。ヘアメイクも同時進行 楓ママの計算では、一人30分仕上げかな?

『ママすごい』かわいい息子さんに 着物姿を初めて見せたのでしょう
若いお母さん 嬉しそうでした、着物の素晴らしさを改めて実感しました。
「お世話になりました」少しのお手伝いで帰る楓ママに気付き
声をかけて下さった花婿さん、ありがとうございました。
小柄で可愛い 花嫁さん大柄で逞し 花婿さん あなた方お二人の幸せをお祈りしています。

許す心

伯父の初彼岸  初めての祭事のため 何だか気忙しいが、
近所の人が、ありがたいことに 伯父を懐かしんでお参りに来て下さる
お話の中から 楓ママの知らない伯父の人柄が伝わってくる。
1時30分より お寺での初彼岸の法要へ母と参列する
実家は、真言宗 両親は、日々の生活の中で 宗教についてあまり語らなかったが
母方の親戚が 寺 しかも檀家だったので お寺との付き合いも自然の流れの中にあったと思うが、
無言の教えとして 毎日の生活の中で実行して教えていってくれた。

しかし、伯父のお寺は、臨済宗 である・・だからと言って 嫌っている事もない 
だって、母の実家のお寺ですから、こちらのお寺ともお付き合いは長いのです。


楓ママは、宗教の違いで 結婚前から悩んでいた・・今に 続いているが・・
これを語り始めると 終わりが無い事だと 今までの経験から学習しているから
       やめておく  

法要後 静岡県富士市から来られた、お坊さんの法話を聞く 
公演などは、時間があれば聞きに行くのですが、
いつもの様に 『宗教は、こりごり』適当に聞き流すつもりでいました。

しかし、最後のお話で
『嫌いな人 そして 嫌われている人の 安らかな生活・健康などを 祈れますか?』と聞かれた時
楓ママには、どうしても 許せない人の顔がはっきりと浮んだのです。
泣こうが わめこうが、たとえ その人を殺しても・・解決しない事は、わかっている
亡き父から、実践して教えてもらった 『付き合っていくと 悪い人は、いない その人を嫌うのは、自分にとって都合の悪い人だからだよ。』
『やってもらって嬉しかったことは、他の人にして上げなさい』
『嫌なこと言ってきた人にも 感謝を、ほめられたら ありがとうの気持ちを伝えなさい』
父からもらった ふしめふしめでの言葉があふれてきて、涙が止まらない・・・止まらない涙の理由
どこかでは、わかっているんです。
『許す心』は、上から目線かな?許せない人が気にならなくなるなる日がくることが、あるのかな?
いつの日か こんな嫌な心が消えてほしいと願っている自分がいることに 
気づかされた日でした。
    「気づき」に気付かせていただいた 御先祖様に感謝します。
 

本番ですよ!

AM4:00  大洲発
まだ 暗くお月さまが 空に・・・
AM5:00  松山大学着
守衛さんに 門を開けていただいて 開場入り
山積みの衣装ケースに ビビる楓ママ

スタッフミーティング前に 地震被災に遭われたかたのなかには、今日の学生さん達と
同じように 卒業式を楽しみにしていた子供たち ご家族がおられたと思います。
被災に遭われたに方々に追悼の意を込め、黙とうを捧げてから
今日一日の仕事のスケジュールを確認し
AM6:00から81名のうちの40名を楓ママのグループで着付けする。
初めての体験だったので、1人目の時には緊張で着付けの手順を間違え
着せなおししたりして、練習以上に時間がかかってしまった・・・
しかし学生さんの感謝の言葉で立ち直り
なんとか10名の着付けを予定通り9時前に着せ終えることができました。

P3180150_convert_20110318222818.jpg  P3180151_convert_20110318213747.jpg  本番02

楓ママ一番のお気に入りの娘さんです。
お嫁にこん?って言ったら笑っていました
着付けをした皆さんが着崩れしていませんように・・・


限られた時間の中での経験でしたが、いろんな人との出会いもあり
先輩方の独自の着付けの方法を発見して、試してみたり
着付け技術の一歩前進が出来たと思います。
改めてこのような体験の場を作っていただいた関係者の方々に感謝します。

旅日記 2

13日 晴れ

朝早くから露天風呂に入り、美味しい朝食を頂き8時30分にホテルを出発
道の駅『元氣の駅』でお買いもの
ネギ唐辛子 ネギ好きの楓ママにはたまりません
試食をしてピリッと辛いネギのシャキシャキ感と昆布の粘りでご飯がすすみそう
即お買い上げ 一番のお気に入りです



○小鹿田焼の窯元『小袋窯』


「いらっしゃいませ~」 小さい子どもたちのお出迎え

P3130093_convert_20110315091706.jpg P3130088_convert_20110315091918.jpg

小鹿田焼は先祖代々長男が後継者となる、一子相伝の家内工業であり
町の中を流れる川の水を中心として唐臼があり、傾斜に登り窯をつくるため
土地がかぎられていて、昔から窯元の件数は増えていない。
土づくりは家族の仕事、轆轤をまわすのは男の仕事だそうです。
そのためかよくお手伝いをする小さい子どもが多いなと思いました。
薪や焼き物を運ぶその姿は、とても2,3才とは思えないほど手慣れていました。
お釣りを渡すお客さんも間違えない お利口さんの子どもたちでした。

P3130077_convert_20110315092703.jpg P3130069_convert_20110315092548.jpg

P3130067_convert_20110315091506.jpg

上の画像が上記で言及している『唐臼』になります。
ししおどしの原理で陶土を粉砕する器具です
ギーィ、ザ~ァッ、ゴトンッという音は日本の音風景100選にも選ばれているそうです。
ずっと見ていたい風景でした。

P3130082_convert_20110315092852.jpg P3130083_convert_20110315094311.jpg

P3130089_convert_20110315092305.jpg

数日前に窯開きしたばかりで、作品が多数陳列されていました。
お気に入りの小鹿田焼を見つけて帰りました。




○高塚愛宕地蔵尊


P3130104_convert_20110315093354.jpg  P3130103_convert_20110315093501.jpg

P3130108_convert_20110315095001.jpg

願い事をよく叶えてくれるお地蔵さまです
叶えてもらえる願い事は1つだけで、紙などに自分の年の数だけ願い事を繰り返し書いて
本堂の横に張って帰るというものです。

・右上の画像 その名も『おかかえ地蔵』

抱えてお願いすることにより、願い事が成就すると言われています。
大行列ができていたため、時間の都合上楓ママはチャレンジすることができませんでした。

・霊水(下の画像)

霊験あらたかな水。
こちらも同様に、立ち寄ることができませんでした。



○湯布院の散策


P3130118_convert_20110315093736.jpg  P3130121_convert_20110315093948.jpg

あこがれの湯布院でしばしの自由散策
しかし人が多くて田舎者の楓ママは人に酔いそうになりました・・・
町並みから見上げた由布岳は青空に映えてとてもきれいでした。

昼食は『湯葉グラタンセット』 雑穀米がもちもちして美味しかった
プリンも濃厚でおかわりしたかった・・・

大満足で九州の旅は終わりました。

P3130143_convert_20110315094824.jpg


今回の旅行の前日に、東北地方太平洋沖地震による津波で大勢の方が被災にあわれました。

旅日記

P3130058_convert_20110313230309.jpgP3120045_convert_20110313231345.jpg

ここは、我が町「大洲市?」と 思うほど見なれた風景 いいえ ここは・・・・・
  

P3120047_convert_20110313230545.jpgP3120050_convert_20110313230904.jpg


3月12日(土)  ママ友4人の 恒例の~んびり1泊旅行へ行って来ました。
 今回は、『継野パパ添乗員お勧めツアーとっておきの春・天領日田のおひなまつり』
大分県日田市 豆田町 隈町の旧家や資料館でひな人形や 道具を一斉に展示、公開しています。
いったい何体のおひなさまが、この町に展示されていつのでしょうか?
そんな 沢山のひなめぐりの中 楓ママお気に入りの おひなさまを発見しました。
キューピーさんです、可愛いでしょう?
 

P3120033_convert_20110313230748.jpgP3120032_convert_20110313231135.jpg


このおひな様は、『うなぎの 黒田屋』さんのもの つるし雛は、手作り品だそうです。
「うなぎのセイロ蒸し」 うなぎは、国産 臭みも無く脂っこくも無く柔らかい いつまでも温かいご飯
最後の一口まで空きの来ない味でした。
  

P3120052_convert_20110313232007.jpgP3120056_convert_20110313231823.jpg
 

お宿は、「亀山亭ホテル」最上級のルームへ案内されてビックリ・・昨年の11月13日に皇太子様が宿泊された部屋だそうです。
ゆっくりと展望風呂と露天風呂を楽しんでからの お食事 豪華でしょう!!
この後 土瓶蒸し・茶碗蒸し・天ぷらそば・筍飯・デザートも登場!!! 
クンチョウ酒造でお買い上げしておいた、
『ジンジャー梅酒』&『MOMO』ピンク色の微発泡純米にごり酒を一緒に頂きながら、1時間半もかけてお食事を楽しみました。
こうなると 止まらないおしゃべりは、夜更けまで続くのでした。

織り姫さん

毎年 お世話になっています、野村シルク博物館へ
『女物単衣長着』の講習会の打ち合わせに行って来ました。
今年で 7年目になります

シルク館は、外壁塗装のためネットに囲まれて姿が見えなくなっていました。

全国から 織物と染色の技術を学びに来られた研修生 『織り姫』 と呼ばれていますが、
野村産の繭から糸にして 天然草木染め(先染め)で織糸に仕上げ、それを 機織りで生地にします。
着物用に仕上げた生地(反物)で 自分の手で縫い上げて着物になります
 5月の閉校式に 着装して出席するのです。  
これこそ 「世界に1つだけの 着物」ですよね
その お手伝いをさせていただける事を ありがたく思っています。

今年は、3名・・と聞いていましたが、うれしい事に 2年目の研修生 2名が 帯に挑戦!
そして 「ネクタイ」を作り??? 『織太郎くん』 からの熱いリクエスト・・困りました
楓ママの専門外です やんわりと可愛らしく断ってみたのですが

P3100030_convert_20110310212914.jpg


「ここまで 織り上がりました!こんな風に柄を・・」熱く語る 彼に負けました
だけど キチンと正確に学んでほしい 楓ママの俄か教師に習うより・・
顔が浮かんだのが、スーパー洋裁師の彼女に 特別講師をお願いしようと思うのですが、レッドカードですか?


今年は、楓ママの都合により  4月1日スタートの 週2日(毎年 週1日)で、7回の講習 ハードスケジュールですが
「指抜き 使って運針した事ありません!」 「着物について 何もわかりません!」 
いいですよ 大丈夫です、先輩織り姫さん達も 去年の、韓国からの研修生も 難しい専門用語で苦労されたとおもいますが、きれいに仕立てられて 予想以上の仕上がりに いつも感激させられていますから
  今年も 楽しく実りある講習会にしましょうね 
           楓ママも精進させていただきますので よろしくお願いします

特訓中

卒業シーズンですね

女袴の着付けを 只今 猛・練習・特訓中です!
18日 松大の卒業式で、40名を 美容師3人・着付師3人での作業
楓ママ初めてのお仕事です。

時間との戦いです・・着付けの方法も ラブ先生のオリジナル 
おはしょり無しの着付方に 美容師の妹も『いいアイデアだね・・』と一言あり

『着付けだけなら 5分で仕上げかな?』 先輩から出された目標時間は、5分です!
お店から マネキン借りてきて 30分で何回着せ付けられるか練習して、
何とか 4回仕上げられるようになる。脱がす・準備する時間も 必要ですから・・・そうか
当日も・・ 学生の番号札から 同じ番号の衣装箱を出して来て
       紐 3本・伊達絞・帯板・帯・着物・重ね襟・袴 が有るかのチェック
      ボディ補正
      着付け
着付け以外の時間も 頭に入れておかないとあれこれ 不安な気持ちが先走る
『始めは、誰でもそんなものよ!』 明るく笑いながら 『皆同じ人数の割り当てだからね!』と
優しい先輩からのアメとムチ  『18日は、予行練習だからね

そ~ぉうなんです
23日 愛大の卒業式では、80名を 着付師5人で仕上げるのです。

『肩こった!腕痛い!!指がつる!!!』 などと言ってる場合では、ありませんのよ
練習台になって 協力してくれている 家族・ママ友の皆さん また 体貸してね。

東京タワー

今朝の新聞・テレビを観ると、『東京スカイツリー』のニュースで盛り上がっている

実は・・・息子の応援の帰りに スカイツリー 拝んで来ました!

P2140224_convert_20110308215237.jpg            P2140209_convert_20110307092123.jpg

これは、懐かしい 修学旅行以来の東京タワーに登って、スカイツリーを見たところ

P2140244_convert_20110220205833.jpg

これが隅田川の水上バスから見た スカイツリー

P2140247_convert_20110307092659.jpg

浅草のアサヒビールタワーとツーショットのスカイツリー

P2140261_convert_20110308212159.jpg            P2140255_convert_20110307092947.jpg

浅草の浅草寺から見た スカイツリー

いかがでしょうか?
クレーンがスカイツリーの上で仕事をするのもあとわずかだとニュースで聞きました。
貴重なスカイツリーを見てきました。



おまけ

P2130069_convert_20110308230946.jpg            P2130057_convert_20110307093343.jpg


横浜のマリンタワーとランドマークタワー(の横)・・・写したはずなのに 写ってなくてゴメンナサイ


P2140216_convert_20110307092249.jpg

一度は乗ってみたいと思っている ルックダウンウィンドウ
ダメダメ 楓ママは高所恐怖症です・・・

狂言の会

狂言


先日 お店のお客さんとスタッフ 10名で
野村万作・野村萬斎 「狂言の会」へ行って来ました。

狂言初体験の楓ママは、この日を楽しみにしていました。

舞台は、左の橋かかりから、中央の本舞台(6m)四方の正方形に板が敷かれている
奥に金屏風 柱が無いのでとてもスッキリとした舞台に、橋かかり前の松が栄える

公演前に 石田幸雄さんから、狂言の解説と楽しみ方を教えていただきました。
その中でも『橋かかりから 本舞台中央まで黙って役者は、すり足で登場しますが、
中央で止まり 一歩足を引くと・・・始まりの合図で、突然喋り出します。』
この瞬間が気になりました。

演目は、
『昆布売』
大名が、昆布売りの男を脅し、太刀を持たせて供とする。ところが、昆布売りの男が太刀を抜き、こんどは、大名が脅され昆布を売ることに・・・

『悪太郎』
乱暴者の悪太郎は酒を飲むことを非難する伯父を脅してやろうと、長刀を携えて出かけていく。
ところが、そこでも酒を飲み 帰り道すがら寝込んでしまう。伯父が道端で寝ている悪太郎を見つけて
お坊さんの姿にして、「今後は、南無阿弥陀仏と名付ける」と言い渡して去る。
目を覚ました悪太郎は・・・


舞台の左橋かかりから 大名役の野村万作さんが、長袴姿で静かに登場 
すり足で本舞台左中央へ スーッと立ち止り 左足を少し引くと
万作さんの声が 響き始めた 「やった!見たよ 見たよ」 感激の瞬間でした。

太刀を抜いた昆布売りの注文どおりに、昆布売りの声・歌・踊りとさせられていくそのたびに
「さぁ 太刀を返せ!!!」と 持たされた昆布を ポィと捨てるしぐさが かわいくておもしろい
客席からの笑い声が だんだん大きくなってくるのがわかりました。
『ぼ~っと観てたら、ぼ~ッと終わるのが狂言ですよ。』と石田さんが話されていましたが、
とんでもない ず~っと笑いっぱなし

悪太郎では、万作さんと萬斎さんとの 息の合った間合いと言葉の掛け合いのすばらしさに、
いつの間にか 舞台に吸い込まれてしまいました。

『やるまいぞ・やるまいぞ~』と舞台からきえていく・・・
「えっ?もう終わり」
『狂言は、静かに始まり 静かに終わるのです。』石田さんの解説通りに終わりました。

衣装が人物を表す以外は、舞台メイクもないし 音楽も鳴らないのに
セリフの調子と動作だけで 周りの景色まで変わって行く様な気がする
笑う場面が多いのですが いったい何通りの笑い声を使い分けているのでしょうか?
さすが 人間国宝です。

お客さまが、「こんな田舎町の小さい文化会館まで わざわざ出て来ていただいて、
人間国宝の舞台を見せていただけるとは、ありがたいことですね。」
まさしく その通りだと思った 楓ママでした。

  また 行きたいな・・



 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。